tako

夏の美味しいターゲット!タコを釣ろう!

たこ焼き、たこ唐、たこ飯、、、。とても身近な美味しい人気者、タコ。
一般的なこれらのタコは「マダコ」と言う種類のタコ。
ほぼ日本全国の沿岸に生息し、船だけでなく堤防などの岸からも釣れることから釣りとしても人気が高いターゲットです。
4月頃から12月頃まで釣れますが、ハイシーズンは夏場。梅雨明けから8月頃までが最盛期になります。
近年は、タコ釣りの中でも『タコエギ』と『タコジグ』の2つの釣り方が主流。実は結構カンタンで初心者やファミリーでも楽しめます。

タコエギで釣ろう!

人気爆発のタコエギング。
アオリイカでお馴染みのエギングですが、タコ専用のエギにオモリをセットして釣るタコエギが近年では一番人気があるタコの釣法。
沖に軽くキャストしてタコの隠れ家になりそうな障害物やエサが多いところを狙います。
イカのエギングと違いシャクらず海底を引きずる形でゆっくりと手前に引いていきます。

タコエギのタックルは、タコを底から剥がすパワーと硬さ、キャスト性や操作性などが求められます。

タコジグで釣ろう!

キャストするタコエギに対して、タコジグは足元へ落としていくのが基本。そのため、狙う場所が釣果のカギとなります。
タコジグで狙うポイントは堤防のキワ。堤防の岸壁の割れ目や隙間など、タコの隠れ家となる場所を狙ってタコジグを落とします。誘って釣るのではなく、タコの潜むポイントを探っていきます。アタリが無ければ次の狙い目へとポイント移動して攻めます。

根がかりしやすい場所を攻め、張り付いたタコを剥がせるパワフルなタックルが必要。落として狙うのでロッドはあまり長くないものが操作しやすい。

釣れたタコは脱走対策必須!

タコは吸盤で這い上がるため、生かしたままキープすると脱走します。
活かしておくならネット付のバケツが必須。その場で締められる道具があると便利です。

釣れたあとは、せっかくなら美味しく食べたいタコ。脱走防止対策は必須。

持ち帰ったタコは、下処理してからいただきます。
1.タコ1匹あたり大さじ1杯分くらいの塩でしっかり揉み込みます。
2.揉み込み続けキュキュッとするくらいヌメリを落とします。
3.流水で塩気とヌメリを取り除きます。
4.たっぷりのお湯で茹でます。茹で時間は、3〜5分ほどが目安。茹ですぎると硬くなるので箸でつまみ、弾力があればOK。
あとはお好みのタコ料理にして楽しみましょう!

  • PROX facebook
  • VICEO facebook