tenkara

夏のレジャーにプラス!テンカラ釣り入門

暖かくなってレジャーが楽しめるこの季節。
週末は、キャンプにしようか?それともハイキング?
近くを流れるキレイな川にはヤマメやイワナ、アマゴがいるらしい。
普段は釣りをしなくても釣りたての魚でバーベキューなんていかがですか?
虫エサが触れなくても大丈夫!リールの操作がわからなくても大丈夫!
プロックスの『グランテンカラセット』を持っていけば、キャンプやハイキングにプラスしてテンカラ釣りが楽しめます。

コンパクトに持ち運び!『グランテンカラセット

テンカラ釣りはシンプルなタックルで楽しめます。
グランテンカラセット』はテンカラ釣りで必要なタックルが揃った入門用にもぴったりなセット。
いつものレジャーの準備にプラスして忍ばすことができちゃいます。

ロッド、ライン、毛鉤、毛鉤ケースが収納バッグに入ったセット。これさえあればテンカラ釣りができます。

グランテンカラセット』の使い方

グランテンカラセット』は2種類の長さのロッドから選べます。
小さなお子様が使う場合や、川幅が狭い場合は、全長が短い240がオススメです。
行先の川幅がわからない場合は、300を選んでおくと幅広く使えます。

テンカラのタックルはシンプル。
『グランテンカラセット』に付属しているアイテムをセットすれば準備は完了です。
触るのに勇気がいる虫エサや、リールも必要ありません。


テンカラの結び方はこれひとつ!

テンカラのラインの結び方は、簡単な『チチワ結び』という結び方。
これひとつマスターすればロッドとライン、ラインと毛鉤がセットできます。

できたチチワをリリアンや毛鉤と結んでセットします。

ここまで準備できたらあとは釣りを楽しめます。釣り方のポイントは、毛鉤を川の流れに乗せて自然に流すこと。魚は水面近くに流れているエサを狙っています。魚がいそうなポイントに投入できたら、自然に毛鉤を流しましょう。

テンカラでの便利グッズ

『グランテンカラセット』があればテンカラ釣りは楽しめます。
ここからは、必需品ではないけれどあると便利なグッズをご紹介。持ち物のキャパシティに合わせて用意するとより快適にテンカラ釣りが楽しめます。

  • 『ラバーランディングネットラケット型』

    釣った魚を取り込むためのネット。せっかく釣っても針が口から外れてしまうこともしばしば。ランディングネットがあると便利です。小さめの柄が短い12型がオススメ。   
  • 『自立ヒップウェダー』

    川辺は滑りやすいのでウェダーがあると安心です。ウェダーがあれば川に入ってみることもできます。ウエストや胸元まであるウェダーもありますが自立ヒップウェダーは、ブーツ感覚で履けるのでオススメ。お子様サイズの3S・SSサイズがあるのも嬉しいポイント。   
  • 『ショートベスト』

    毛鉤ケースを入れたりハサミを入れたりランディングネットをかけておいたり。移動して釣りをする場合は、ショートベストがあると便利です。   
  • 『偏光グラス』

    魚が釣れるところが見れるのが醍醐味のひとつのテンカラ釣り。水面のギラツキが抑えられる偏光グラスがあれば釣果も楽しさもUP!   

テンカラ釣りで思い出作り!

シンプルなので覚えることは多くない。初心者でも十分に魚が釣れるテンカラ釣り。いつものレジャーに『グランテンカラセット』をプラスして思い出作りはいかがですか?

  • PROX facebook
  • VICEO facebook