>トップ/ウェダーの水漏れについて

釣りをしているとウェダーの内部に濡れを感じることがあります。人の1時間の発汗量は、室温29度の部屋に座っているだけで0.1リットル、野外での環境や運動内容よっては、2リットル以上汗をかく場合もあると言われています。透湿性をもたないウェダーを着用している場合、かいた汗はそのままウェダー内部にたまります。そのたまった汗が冷やされ、再び肌についたとき「濡れている」と思うことがあります。その場合は水漏れではありません。

水漏れの多くの原因は、藪漕ぎ等での棘や釣針によりピンホールや擦れが生じた場合です。
その他、ご購入後、長期間経過した商品は使用頻度に関わらず経年によるシームテープの劣化・ソールや表面コーティングの剥がれ等により、防水機能の低下や加水分解による接着材の剥がれが起きる
可能性があります。保管状況によっては、ご購入後短期間であっても同様の現象が起こります。

プロックスのウェダー類は、お手頃な価格で提供する為に海外にて生産しております。
修理・補修にあたり海外工場まで送りますと、日数及びコストが高く、日本国内で修理を行うと
ご購入された価格と比較し非常に割高な修理費用が発生いたします。
上記の理由から、誠に申し訳ございませんが水漏れ補修やソールの張り替えを含め、
弊社での修理・補修は一切行っておりません。
ご理解いただきますようお願い申しあげます。

次項よりご自身でしていただけるメンテナンス方法をご紹介いたします。

水漏れ箇所が広範囲に渡る場合や箇所によっては修理が不可能な場合があります。
ウェダー内部に水を入れ、漏れが確認できない場合は結露や発汗が原因の場合が考えられます。

ブーツや縫い目以外のピンホールや数cm以内の裂けの場合、ご自身で比較的簡単に修理して頂けます。但し、ピンホールや裂けが必ずしも修理可能とは限りません。
補修後は再度水を入れ、水漏れがないことを確認してから乾かしてご使用ください。
弊社専用の補修シートをお求めの方は『お問い合わせフォーム』より補修シートご希望の旨と、 対象の商品名・商品番号・お名前・ご住所・電話番号をご記入の上ご連絡ください。無償にてお送りいたします。
釣行後は水洗いにて、汚れを落とし二つ折りでも構わないので、陰干しもしくは、日の当たらない場所にて干してください。
*但し濡れた状態のウェダーをつるすとゴム製のサスペンダー部が伸びきってしますのでご注意ください。
*汚れを落とす場合は、スポンジ等で軽くこするように落としてください。硬いタワシ等を使用すると生地を破損し防水性能が劣化します。
製品には万全を期しておりますが、万一、汚損・破損などの初期不良があった場合は、同等品との交換にて対応させて頂きます。
ウェダーの初期不良検査について』の内容をご確認頂き、流れや期間などをご理解の上、ご依頼くださいますようお願いいたします。