egi

ルアーで鮎を狙うリバーリングアユ

鮎釣りと言うと、なんとなく敷居が高い。そんなイメージをお持ちではないですか?具体的には、「道具が高い」「おとり用の鮎を準備して活かす」「釣り方が難しい」など。そんな中、近年ではリールを使ったルアーでの鮎釣りOK!という河川が急増中。プロックスのルアー鮎ロッド『リバーリングアユ』を使えば「お手頃価格の道具」「おとり鮎不要」「ルアーゲーム感覚の釣り方」で鮎釣りが可能。以前と比べ鮎釣りをもっとお手軽に楽しめる、それがリバーリングアユです。

  • 生きた鮎の代わりに鮎の形をしたルアーをおとりに使用。
  • 軽装で気軽に楽しめます。シューズ類は鮎が食べている苔で滑らないようにフェルトソールをチョイス。

リバーリングアユに必要な道具

リバーリングアユは、キャスティングゲーム対応のリール付ルアー竿と、リール禁止河川対応の延べ竿の2タイプからロッドをチョイスできます。

スピニングタックル

  • ロッド

    リバーリングアユ 902MLS/1002MLS』

    リバーリングアユシリーズでもっともベーシックなスピニングモデル。ルアーでの鮎釣りを始める際の最初の1本に最適。9ftの902MLSを基準にして、より広範囲を探りたい場合は10ftの1002MLSを選びます。
  • リール

    ネロスト2000s

    スローなリーリングでアユルアーを操作できるネロスト2000s。
  • ライン

    『PEライン』『リーダー』

    PEラインPE0.4~0.8号にフロロ3~6lb.のリーダーを接続します。
  • 仕掛け

    『アユルアー』『イカリバリ』

    基本的にはお好みのアユ専用ルアーと友釣り用イカリバリを選びますが、河川によって仕掛けの規定がある場合があります。その際は、釣行先の遊漁規則に応じた仕掛けを選びます。

ベイトタックル

  • ロッド

    リバーリングアユ 902MLC/1002MLC』

    リバーリングアユのベイトキャスティングモデル。ベイトでのコントロールに慣れている方に向けてベイトキャストモデルもラインナップ。
  • リール

    バルトムBC F2

    アユルアーをキャスト可能なコストパフォーマンスに優れたベイトキャストリール。
  • ライン、ルアー、フックはスピニングタックルと共通して使えます。

    ガイドレスタックル

    • ロッド

      リバーリングアユ63のべ

      リール禁止河川対応の延べ竿タイプ。アユルアーを自然に流せるしなやかな穂先と取り込み時も安心なパワーあるバット部のガイド無しモデル。
    • ライン

      『天井糸』『水中糸』『目印』

      天井糸としてPE0.4~0.8号をロッドと接続し、その先に水中糸としてフロロ3~6lb.前後を接続します。水中糸には、目印を付けてアタリをわかりやすくします。
    • ルアー、フックはリール付きタックルと共通して使えます。

    持ち物

    その他持ち物に関しては、他のルアーゲーム用アイテムと共用できるものも多くあります。

    • アユダモ

      リバーリングアユダモ

      釣れたアユをスムーズにキャッチしやすい専用アユダモ。
    • ルアーケース

      根魚権蔵ジグヘッドケース

      スリット入りウレタンにイカリ針を固定可能。ウレタンを外せば鮎ルアーケースとしてもベストサイズ◎
    • フェルトソールのフットウェア

      自立ニーハイウェダー

      服装は軽装でOKなリバーリングアユ。でも足元はフェルトソールになったフィッシングシューズを着用しましょう。釣り中やルアーの回収で入水した際に、鮎のエサである苔で滑ってしまう危険があります。自立ニーハイウェダーなら、着脱がラクで濡れないので便利です。
    • メッシュ蓋付きバケツ

      ロッドホルダーライブバケツ

      活かしたままキープして、鮎の砂等を吐かせます。

    リバーリングアユを楽しむために

    リバーリングアユを始めるためには、必ず守るべきルールがあります。

    ● 遊漁証の購入
    釣りをするためには、遊漁証の購入が必要です。
    釣りに行く河川の漁協のホームページなどを確認し、各販売所にて年券・日券などの遊漁証を購入してから釣行します。
    ● 遊漁期間の確認
    鮎の保護のため、禁漁期間が設定されています。地域により期間は異なりますが、多くの河川では、6月~7月頃から解禁となり、10月~11月には遊漁期間が終了します。
    漁協により設定された遊漁期間を確認しましょう。
    ● ルアーやリールが使用できるか
    鮎の遊漁規則内に「ルアー」や「リール」の使用禁止の記述がないか確認しましょう。
    近年、アユルアー使用可能な河川も増えていますが、ルアー禁止の河川もあり、その場合リバーリングアユはできません。アユルアーが使える場合でも、アユルアーの種類が決まっていたり、リールは禁止など道具が限定されていたり、ルアー可能区域の設定など河川によりルールが異なります。釣行予定の河川の遊漁規則を事前に確認しましょう。
    ● 他の釣行者の邪魔をしない
    どんな釣りにも言えますが、他者に迷惑がかからないように注意します。
    河川では友釣り、コロガシ釣り、ドブ釣りなど様々な釣法で鮎釣りが楽しまれています。他者の近くに立ちこんだり、ルアーを投げたり、ロングキャストで釣場を占領するようなことがないように気をつけます。
    遊漁証は見える位置に身に着けます。

    リバーリング鮎MAP

    リバーリング鮎ができる河川をピックアップ。PDFにてご確認いただけます。2024.04現在 PROX調べ

    遊漁規則や掲載HPは変更となる場合がございます。釣行前に各河川の漁協のHPなどで遊漁規則、詳細をご確認ください。遊魚券の購入、アユルアー使用可能な制限区間などをご確認の上、ルールを守ってご釣行ください。他の釣り師の妨げになるようなロングキャストはせず十分な距離を保ってください。リバーリングアユが可能な河川は他にもあります。

    • PROX facebook
    • VICEO facebook