taniyan

たにやんの電動リールでワカサギ釣り

冬の風物詩ワカサギ釣り。
2022年のNEW電動リール『攻棚ワカサギモータードライブEC』を引っ提げて解禁前の奈良・津風呂湖でプロックススタッフたにやんが実釣!!
当日の釣果は、解禁前ということで水温も高くイマイチ。惜しくも電動リールの性能、動作確認に徹する形に。
初心者からエキスパートまで誰にでも使いやすい『攻棚ワカサギモータードライブEC』の使い方を改めてチェックしました。

2022-2023モデル!『攻棚ワカサギモータードライブEC

22-23モデルのプロックスワカサギ電動リール『攻棚ワカサギモータードライブEC』は、スケルトンボディにブラックのアクセントカラーがシックな『アイスブラック』。スケルトンボディにポップなチェリーが映える『アイスチェリー』の2カラーをラインナップ。
従来からのデジタルカウンターをはじめとする高性能な機能に加えて「滑り止め加工スプール」を搭載。さらに使い心地が向上しました。

デジタルカウンター

水深を10cm単位で表示。当日、津風呂湖での釣り座となったドーム桟橋の水深は20m超え。水深が深いフィールドでは、電動リールが必須。

棚メモ&自動棚停止

魚影の濃い層がある場合は、棚メモ&自動棚停止機能が大活躍します。ワカサギがいる水深まで仕掛けを落とし、左の棚メモボタンを1回押すと次回から自動で設定した水深で停止します。

0設定&船べり自動停止

0設定した位置の1m手前から減速。0mまでくると自動停止します。自動巻き上げにしておけばラクチンで手返しもUP。

滑り止め加工スプール

サミングや繊細な誘いがしやすい縦型スプールに滑り止め加工を施したNEWスプール。水深の深い津風呂湖で使う重めのオモリも糸すべりすることなく快適な釣行。

ワカサギジョインター

単品でもラインナップのあるワカサギジョインタースリムが標準装備。穂先の角度やガイドの上向き、下向きセッティングが自由自在。それだけでなく穂先をセットしたまま180度折りたたんで収納できるエビ型収納で道糸を通したままコンパクトにケースイン。

ゲーム性の高いワカサギ釣り

今回は、津風呂湖で解禁前の試釣ということもあり魚影は薄め。
釣果には繋がりませんでしたが、NEW電動リールの快適な動作はしっかりチェックできました。
棚メモや自動棚停止などの機能を駆使して腕を磨くことができそうです。
まだまだシーズンはこれから。初心者にも使いやすく、高性能な機能がつまった攻棚ワカサギモータードライブECでワカサギ釣りをもっと手軽にはじめてみてはいかがですか?

津風呂湖(つぶろこ)

今回の津風呂湖での釣果は激渋な結果に。しかし、津風呂湖ではワカサギ孵化放流も積極的に行っており、水温が下がって来れば束での釣果も夢ではありません。関西都市部から比較的近く、アクセスの良い津風呂湖でワカサギ釣りに挑戦しましょう!!

  • PROX facebook
  • VICEO facebook